ポメラニアン しつけ 噛む

スポンサードリンク

ポメラニアンのしつけと噛む行為

ポメラニアンのしつけとして噛むことに悩む場合も多いかと思います。

 

ポメラニアンは性格上いろんなものに興味が湧き噛むということしてしま
いますが、そんな時は飼い主はポメラニアンをちゃんと叱ってあげましょう。

 

ポメラニアンが何か噛むということをして飼い主が叱る時は気持ちが伝わ
るように叱ってあげて下さい。

 

優しくこれは噛んだらダメなんだよっていうふうに優しく叱ってもポメラニアン
は自分がイケないことをして叱られていると思いません。

 

しつけとしてしっかりと叱りましょう。

ポメラニアンのしつけと噛む行為を許す場合

ポメラニアンの噛むという行為をしつけるだめに叱ることは当然必要では
ありますが、まだポメラニアンが子犬の時は許してあげてもいいと思います。

 

子犬の時期は歯がむず痒くなってしまって物をかじることもあります。

 

それに子犬は好奇心が旺盛ですから、いろんなものに興味が湧いて噛
むという行為をすることはある意味では健全な証拠でもあります。

 

まったくしつけをしない、ということは当然問題だと思いますが、あまりにも
まだポメラニアンが小さくどうして怒られているかも分からないような時は許
してもあげても良いかもしれないですね。

 

一つの工夫としてはポメラニアンが噛んでもいいようなおもちゃを与えて、
好奇心を満たせさす、というのがおススメです。

 

そうすることでポメラニアンのエネルギーも十分に発散させてあげることも
できます。

 

それと、飼い主がポメラニアンの周りに噛むことをされて困ってしまうよう
なものを周りに置かない、ということもすごく重要ですね。

スポンサードリンク

ポメラニアンのしつけと噛む行為関連ページ

時期
ポメラニアンをしつける時はその時期についても考慮してあげて下さい。
無駄吠え
ポメラニアンのしつけでも無駄吠えに悩む人はすごく多いです。改善しましょう。
トイレ
ポメラニアンのトイレのしつけは家に来た時から始まっているんですよ。